外為どっとコムでFXを
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾輩は相撲好き女子である。

大相撲愛好家イガのブログ。発気揚揚、人生うっちゃり♪ドスコイ!!(ノ・3・)ノ

【大相撲初場所】31歳大関琴奨菊連勝に、33歳新関脇嘉風の好調ぶり。「力士30歳限界説」が崩れ始めたのでは。

2016年1月 
大相撲初場所。10日目後。

 

31歳の大関琴奨菊白鵬と並んで全勝の10勝 黒星なし。
33歳の新関脇、嘉風は、5勝5敗ながら30代とは思えないほどの万全の構え。

 

 

「力士30歳限界説」なんてどこふく風。

 

いや、アラフォーながら現役さながらの身体のハリとキレを保っていた旭天鵬(現・大島親方)や若の里(現・西岩親方)の例もあるし、
また、今場所だと、36歳の豪風、32歳の豊ノ島も好調。
ついでにいえば、三十路になった横綱白鵬も相変わらずの強さ・上手さ。

 

 

 

力士の現役寿命、延びてきたのでは?
(もちろん、身体のケアや稽古次第では、の条件つきだけど・・・)

 

f:id:iga-blog:20160120153402j:plain

 

 

 

■「日々の取組を楽しんでる」のが誰よりも感じられる琴奨菊嘉風

 

2人のインタビューを見たり聞いたりするにつけ、思うんですが、
2人を見てると「とにかく楽しそう」なんですよね。毎日の取組みを楽しんでる感じ。

 

もちろん、地位や成績ゆえの注目され、期待されるがゆえのプレッシャーはなくはないと思います。それでも「楽しそう」。

 


「一体、どんなキッカケがあって、これだけふっきれて、取組みを楽しめるようになったのか」、そこはちょっときいてみたいところではありますね。
なんか、うまくいってる力士って、大体「楽しそう」なんですよね。なにかからふっきれたというか。

 

ただし、10代や20代の時と同じような体力が気力がいまもあるわけではないし、
たぶん、10代20代の頃に比べると、どうしても疲れも残るし、ケガも病気もしやすい。
だからこそ、入念な身体や心のケアと稽古、入念な相手力士の研究と対策は欠かせないだろうなと思います。

 

 

 

 

 

www.nikkansports.com

 

 

www.zakzak.co.jp

 

 

 

 

■あと、「家族」の存在はやっぱりデカイのでは。

 

*菊関、婚約者の祐未さんと。

f:id:iga-blog:20160120154826p:plain

大関琴奨菊が婚約発表 「自分にはもったいない人」:朝日新聞デジタル

 

 

 

*頼風関、妻・愛さんと。

f:id:iga-blog:20160120154743p:plain

嘉風の結婚相手の妻や子供について。所属部屋や豪風との関係は? | 大相撲や力士ファンの為の応援ブログ

 

 

 

いまの3横綱もそうですし、十両陥落から必死に這い上がり、十両優勝に三賞受賞、今場所幕内筆頭にまで返り咲いた松鳳山然り。
やっぱり妻や子供がいる力士は強い。モチベーションの質が全然違う。

 

 

「守るべきもの」がある。
「自分のため」だけじゃなく、いちばん身近で自分の勝利を願い、一緒に喜んでくれる存在(=妻子)がいる、っていうのはやっぱり大きな心の支えになるんでしょうね。

 

 

 

今年30歳になる大関稀勢の里豪栄道も、結婚したらいいんじゃないか?